NBAがオーランドのディズニー施設内で2019-20シーズンの再開を検討中

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、現地3月11日からシーズンを中断しているNBA。現在も引き続きチーム練習は禁止されているものの、今月からチーム施設等での自主的な個人練習が再開しはじめています。

現地5月23日、NBAとNBA選手会は、オーランドにあるESPNワイド・ワールド・オブ・スポーツ・コンプレックスを利用し、7月下旬からの2019-20シーズンの再開を目指すべく、ウォルト・ディズニー社と話し合いを始めた事を明らかにしました。
さらに関係者全員の安全を確保すべく、公衆衛生の専門家や政府関係者と協力し、引き続き再開に向けたガイドラインの作成を進めており、ESPNなどの報道によると、詳細に関しては6月上旬頃に発表予定との事です。

どのようなスケジュールでシーズンが再開されるのか。また、翌2020-21シーズンへの影響など、今後の発表に注目です。

そして、今なお世界中で猛威を振う新型コロナウィルスの感染拡大が一日も早く終息し、再び通常の生活が戻ってくると事を心から願うばかりです。


アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)