シカゴ・オヘア国際空港からダウンタウンへのアクセス(CTAブルーライン)

2020年のNBAオールスターは、イリノイ州シカゴのユナイテッド・センターで開催されます。
シカゴへは日本から直行便が出ているのはもちろん、シカゴからクリーブランド、インディアナ、ミルウォーキー、ミネソタ、トロントなど
スケジュールが合えば、シカゴを起点に他の都市でのNBA観戦も組み合わせることが可能です。

そんなシカゴでの滞在では、シカゴの公共交通機関CTA(シカゴ・トランジット・オーソリティー)を活用すると、空港からホテルへの移動や、アリーナ、市内の観光、ショッピング等で非常に便利です。

利用方法

空港からホテルへ

シカゴ・オヘア国際空港からダウンタウンまでは、タクシー、バスのほかに
CTAのブルーライン(電車)を利用する方法があります。
CTA路線図

空港に到着後、ターミナル間をつなぐモノレールATS(エアポート・トランジット・システム)で、ターミナル2あるCTAオヘア駅を目指しましょう。

ターミナル2に着いたら、案内板のTrains to City – CTAに従って空港内にあるCTAオヘア駅へ。

CTAオヘア駅

改札前にある券売機で乗車券が変えますので、表示に従ってシングルライド、1day、3dayチケットなど、ご自身の滞在期間に応じてチケットを購入します。

シングルライド$5
1dayパス(24時間有効) 10ドル
3dayパス(72時間有効) 20ドル

こちらが乗車券であるVEBTRAカードです。

空港駅から乗車後、約40分ほどでダウンタウンに到着します。
空港からダウンタウンまで電車で1本で行け、さらに価格も非常にリーズナブルです。

さらに、観光やショッピング等でブルーラインからレッドラインに乗り換えたいという場合は、このように改札を出るとレッドラインへの乗り換えの案内が出ており、駅構内を出ることなく乗り換えをすることも可能です。
寒さの厳しいカゴにおいて、外を歩かず乗り換えられるというのは非常にありがたいです。

電車移動はちょっとハードルが・・・という方でも、24時間運行しており路線自体が非常にシンプルなので比較的使いやすいかと思います。
シカゴでの移動の際は、CTAを利用してみてはいかがでしょうか。

関連ツアー

【2021-2022シーズン シカゴ】シカゴ・ブルズ ホーム観戦ツアー

ここ数シーズン、プレイオフから遠ざかっているブルズ。 2020-21シーズンには、ラヴィーンが自身初となるオールスターに選出され、さらにシーズン中にマジックからブチェヴィッチを獲得。 再び強豪チームへと返り咲けるのか。フ …


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名