NBAのチケットの買い方 チケットマスターでチケットを購入する

NBAのチケットを買う場合、球団により契約しているチケット会社が異なりますので、買い方が様々です。
現在、大きく分けると、3つのチケット会社がNBAのチケットを販売しております。

その中でも最も多くのチケットを取り扱うのがチケットマスターです。
チケットマスターは、ワシントン・ウィザーズ、ニューヨーク・ニックスなどの東海岸のチームを中心としてチケットを販売しており、西海岸でもゴールデンステイト・ウォリアーズなどはチケットマスターが公式のサイトになります。

ここでは、NBAチケットをチケットマスターで買う方法をご案内していきます。

チケットマスターのチケットの買い方、受け取り方も含めて、年々、変化が行っております。そのため、もしこのページを見ていただいた方はタイミングによっては、古い情報になっているかもしれません。こ将来的には、また変化があるかもしれませんので、できればその都度、お問い合わせ等をしてもらいたいところです。ここ数年の変化と言えば、私たちの多くがスマートフォンを活用することになった点です。そのため、いままでは、紙ベースだったチケットは、どんどんモバイルチケットに移行しております。

サイトへアクセスするものがパソコンからスマートフォンが主流になっているため、サイトもパソコンで見るものと、スマートフォンでみるものでは形が変わります。

それにより、受け取り方法にも大きな変化が出ております。今の主流は、モバイルチケットとなります。PDFタイプのA4の用紙にプリントするタイプは、消えました。まだ、国際オーダーは、会場受け取りがありますが、結局、当日のスタッフのコストなど考えると、おそらく将来的にはなくなっていく方向と考えたほうがいいかもしれません。

いずれにしても、ご紹介したものは古くなるものですので、その辺は頭に入れていただき、大枠の概要としてご参考にいただければ幸いです。

チケットを買うチケット会社

アメリカのイベントは、たくさんリセールチケット会社があり、思わず価格を比べてしまいますが、私たちは、日本から観戦に行くわけです。
どこどこのサイトのほうが少し安いから、そっちで買う、というのはイベントチケットでは一番やってはいけない選択肢です。
最優先事項は、まずそのチケットは安全なのか、これに付きます。
アメリカは再販を球団が公認しており、安全なリセールチケットも中にはありますが、球団とリセールチケット会社との契約もちょこちょこ変わります。
去年買った会社だから大丈夫とならないのがアメリカです。そのため、買う側は公式から買うという意識を常にお持ちください。
もし公式で探しているチケットが販売されてない場合は、一度、こちらにご相談ください。発券方法も含めてお手配のサポートをいたします。

アカウントを作ろう!(1)

定価チケットなら球団のホームページからアクセスして買えば、いいじゃん、と思うかもしれませんが、チケットマスターのアカウントを持ってない人が、球団のホームページから買おうとすると、結局、チケットを抑えた後、アカウントへのログインを求められます。この時、アカウントを持ってないと、一からアカウントを作成しないといけないことになります。チケットをホールドできる時間(定価の場合)は、チケットマスターは短い時間しかなく、慣れない作業になると、アカウントを作っている間に、チケットが流れてしまいます。
ですので、アカウントを作った後に球団のホームページからアクセスするのはいいのですが、初めて買う場合、まずはチケット会社からアカウントだけは作っておくほうがいいです。

まずは、チケットマスターのアカウントを作成します。

まず、チケットマスターのホームページを開いてみましょう。
Ticketmaster.com

*予約が前提でチケットをお探しの場合は、初めにアカウントを作成することをお勧めします。

チケットの検索のみの場合は、「(2)チケットの検索について」からをご参考にください。

右の画像の黄色の点線の箇所に「MY Account」をクリックすると、次のページへ進みます。

アカウントを作ろう!(2)

次のページへ進むと「Welcome to My Account」の表示がでてきます。New to Ticketmaster?「 Sign up」のボタン をクリックします。

*一度、アカウントを作成した後は、左側のLOG INからメールアドレスと、パスワードでログインできます。
予約の内容など、アカウントで確認することができるので、登録したメールアドレスと、パスワードは忘れないようにメモしておきましょう!

アカウントを作ろう!(3)

次のページは、右のようなページです。
ここでは、各項目の情報を入力していきます。

First name:名前(山田太郎なら、Taro)
Last name:名前(山田太郎なら、Yamada)
Email address: Eメールアドレス
Type password:パスワード (8文字以上32文字以下)
Retype password:もう一度パスワード
Zip/Postal code:郵便番号
Country of Residence :Other を選びます。

下の「Sign in」をクリックしてください。

*パスワードは、アルファベットと数字の組み合わせになり、最低8文字、最高で32文字以下となります。パスワードは年々複雑化しています。2022年現在は、まだ大文字と小文字の組み合わせはありませんが、近い将来はアルファベットの大文字と小文字の組み合わせもはいるかもしれません。

携帯電話の番号にショートメールでコードが届き、認証する作業があります。

アカウントを作ろう!(4)

アカウントができました。
次は、住所やクレジットカード情報の入力になります。

左に「Payment Options」をクリックします。

アカウントを作ろう!(5)

次のページになります。
ここでは、Add New Card というボタンがありますので、ここをクリックします。

*Selling TicketsのAdd Accountというところは使いません。
基本的に、アメリカで開催されるチケットを日本のファンが転売することはできません。
そのため、チケットマスターのアカウントにSellという転売ができる項目があっても私たちには関係ありません。

アカウントを作ろう!(6)

次のページでは、お名前、住所、電話番号、クレジットカードの入力となります。

例:山田太郎さん、郵便番号:100-0000 住所:東京都千代田区千代田5-60-700 千代田マンション101号室の場合

First Name:Taro
Last Name :Yamada
Address Line 1:5-60-700-101 Chiyoda
Address Line 2:空欄
City:Chiyoda Ku
Postal Code:100-0000
Country:Japan
Phone:09012345678
Mobile Phone:空欄

Card Type :カードの種類
Card # :カード番号
Expiration Date :有効期限

*ここで重要なところが出てきます。

下記の画像の赤い点線のところですが、日本でアカウントを作ると、チケットマスターを通じて転売はできません。そのため、転売をベースにしている、赤い点線のところで、チェックを入れると、エラーになります。
ここはチェックをつけないでください。

If I sell tickets, this card may be charged to refund the buyer if the event is cancelled, postponed or rescheduled. *
* If buyer requests a refund for a rescheduled/postponed event (different date or material change in time) or other refunds authorized by Event Provider.

カード情報を入力の上「Submit」をクリックするとアカウント作成は終了です。

さて、アカウントを作成したら、いよいよチケットの予約をしてみましょう!

アカウント作成の注意点

改善されるかもしれませんが、スマートフォンでアカウントを作ると、パソコンと違いエラーがでることがあります。理由はわかりませんが、スマートフォンでうまく作れない場合はパソコンから作るようにしてください。

チケットを探してみよう

チケットマスターのアカウントを作成すれば、後は、球団のサイトからアクセスしてもいいですし、そのままチケットマスターからご希望のチームの試合を検索しチケットを買うこともできます。
ここでは、チケットマスターからそのままアクセスしてみます。

Ticketmaster.comの上の検索ボックスと記載されているところにチケットマスターが取り扱うNBAチームを半角英数字で打ち込むと、イベントが 表示されます。

今回は、ロサンゼルス・レイカーズのチケットを検索しますので、まずは、lakと打ち込むと候補が表示されますので、その中でLos Angeles Lakersをクリックします。

ホームとアウェイのレイカーズの試合のリストが表示されます。
今回は、2022年12月23日のホームゲームのチケットを探します。
See Ticketsという青いボタンをクリックします。

コロナ後のイベントでは、「Important Event Info」という表示がまず出ます。
ここには、「レイカーズは、カリフォルニア州、ロサンゼルス市、NBAの条例、規約に遵守し、今後、重要な法令が発令された場合には購入者に連絡がいくことを同意することが記載されており、Accept & Continueをクリックすると座席表とチケットが表示されます。

表示されたチケット代は総額ではなく、この金額以外にサービス料がかかります。このサービス料込の金額に表示させる場合、パソコンだと右上にある「Filters」を開きます。
そこにある「Show prices with fees」をオンにすると、おおよその総額表示になります。
例えば、80ドルのチケットはサービスフィー込で

$98.40 ea
($80.00 + $18.40 fees)

と表示されます。

ここまで出来たら、セクションをクリックしてほしいセクションのチケットを探してみましょう。
ここでは、103のエリアのチケットを探します。

103のセクションの中に「赤ポチ」と「青ポチ」があります。
青ポチは球団が販売するチケット(俗にいう定価チケット的なもの)となり、赤ポチはファンが球団を通じて再販する公式のリセールチケットになります。
リセールチケットはファンが価格を決めることができるため、座席の良し悪しに関係なく価格にばらつきがあります。
そのため、後方列なのに異常に高い価格があることもありますが無視してください。

今回はこのSection 103 Row12を買うことにします。
緑色の「Buy Now」をクリックします。

最終画面で確認したいところは次の4点です。

(1)受け取り方法

チケットはモバイルチケットのみになります。

(パソコンで購入した後、同じEメールとパスワードでスマートフォンからログインするとスマートフォン環境であればチケットが表示されます)

(2)クレジットカードのセキュリティコードの入力

既にアカウントを作ってクレジットカードも登録してある場合は、セキュリティコードの入力のみになります。
アカウントを作ってもまだ住所やクレジットカードの登録をしていない場合は、ここでやるのですが、事前に作っておくほうがいいと思います。

(3)規約の同意にチェックを入れる

(4)オーダーする

日程、座席など間違えがない場合は、緑色の「Place Order」をクリックすれば購入完了です。

チケットを表示させる方法

チケットマスターの場合、座席表から空いている座席を選ぶのにパソコンの方が操作しやすいと感じる方も多いかと思います。
チケットはモバイルチケットになりますので、パソコンでは表示されません。
そのため、パソコンで購入した場合は、購入後、お手持ちのスマートフォンでチケットマスターのアカウントにアクセスしてチケットを表示させます。

ログインするとこのような感じで表示されます。
レイカーズのロゴのところをタップします。

次のページに進むと、以下のように「View&Save Tickets」という青いボタンが表示されますのでそこをタップします。

スムーズに行くと、以下のようにチケットが表示されます。
iPhoneユーザーであれば、「Add to Apple Wallet」というボタンをタップするとウォレットにチケットを入れておくことができます。
NBAは2022-2023シーズンからバーコードが動くタイプのチケットを採用しており、スクリーンショットでは入場できません
アンドロイドを使っている方は、入場時にチケットマスターのアカウントからチケットを表示させて入場することになりますので、インターネット環境が必要です。
iPhoneの場合は、walletに入れておけばオフラインでも使えますので、現地でのインターネット環境は不要です。

チケットマスターのアプリは日本のインターネット環境では動作しないため、アプリをインストールしてもチケットの表示、購入はうまくいかないと思います。
エラーになっている方はアプリから購入しているかご確認ください。
*各チームのアプリからの購入も同様のエラーで決済が完了しないことがあります。

チケットの購入に関して知っておきたいこと

チケットを購入するにあたり、ある程度頭に入れておきたいことは下記になります。

まず。チケットは購入後、キャンセル、交換ができません。仮に、日程を間違えても交換ができませんので、十分注意して買うようにしてください。特に最も多い間違えは、日本時間で表示されている日程でチケットを買ってしまうケースです。日程は十分確認して買うようにしてください。

初めての購入でチケットの手配を任せたいということであれば、こちらまでお問い合わせください。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/tixis2/www/livebasketball/wp-content/themes/child_2017/template-parts/post/content.php on line 242

    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名