ワシントン・ウィザーズ

ワシントン・ウィザーズ

チーム創設は1961年。数度の本拠地、チーム名の変更を行ない
1997年に現在の名称であるワシントン・ウィザーズとなりました。
ここ数年は、2011年にドラフト1位指名で獲得したウォール、そしてビールを中心にチーム作りを進めています。

昨シーズンは、ベテランセンターのハワード、そしてリバース、グリーンらを補強し
ベライゾン・センターウォール、ビールを中心にシーズンに挑んだウィザーズ。

しかし、開幕から1勝7敗と大きく出遅れるなど、チームケミストリーの問題が取り沙汰されるなか
腰の怪我で開幕から出遅れていたハワードが、復帰後わずか9試合で再離脱。
さらに、怪我を抱えながらプレーをしていたウォールも、12月下旬に左踵の手術を決断。
その後、療養中だった2月に自宅で転倒し、アキレス腱を断裂の大怪我を負ってしまうなど

ビールがキャリアハイを更新する、平均25.6得点5.0リバウンド5.5アシストの活躍を見せたものの
主力を欠いたウィザーズは、イースト11位の32勝48敗で、3シーズンぶりにプレーオフを逃す事となりました。

オフは、ドラフト1巡目9位で八村塁選手を指名!
八村選手が、ビールらと共にどのような活躍を見せてくれるのか非常に楽しみです!

ホームでの試合
スケジュール