ロサンゼルス・クリッパーズ

ロサンゼルス・クリッパーズ

1970年にバッファロー・ブレーブスとしてチームを創設。
サンディエゴを経て1984年にロサンゼルスに移転したものの、その後、長きにわたって下位に低迷し続けてきたクリッパーズでしたが
近年はポール、グリフィン、ジョーダンを擁してウェストの強豪へと躍進。
さらに2014年にチームを買収したマイクロソフトの元最高経営責任者であるスティーブ・バルマー氏のもと、さらなる飛躍を続けています。

昨シーズンはロブシティ時代に別れを告げ、再建モードに入るかと思われたクリッパーズでしたが
開幕序盤から好スタートを切ると、ハリス、ガリナリの先発のフォワード2人がキャリアハイの活躍を見せ
ベンチからはウィリアムスとハレルがそれを後押し。

トレードデッドライン直前にハリスら主力を放出し、オフの大物FA獲得に向けたキャップスペースを確保しながら
後半戦を16勝7敗と大きく勝ち越し、48勝34敗の8位で2年ぶりにプレーオフへと返り咲きました。

プレーオフではウォリアーズの前に2勝4敗で敗れたものの、第2戦で31点差をひっくり返すプレーオフ最大の大逆転劇を見せるなど
下馬評を覆す大善戦のシーズンとなりました。

オフはビバリーと3年$40Mで再契約し、さらにラプターズを優勝に導き、今夏最注目のFAとなっていたレナード
そして、サンダーにガリナリ、アレクサンダーと5つの1巡目指名権を放出し、ジョージを獲得しました!
NBA屈指の2WAYプレイヤーを揃え、NBA制覇を目指すクリッパーズ新シーズンに注目です!

ホームでの試合
スケジュール