ボストン・セルティックス

ボストン・セルティックス

60年代にはビル・ラッセル、80年代にはラリー・バートらを中心に幾多の優勝を重ね、近年ではピアース、ガーネット、アレンのBIG3を擁して優勝に輝くなどNBA最多の17度の優勝を誇る名門ボストン・セルティックス。

昨シーズンは、新加入のヘイワードが開幕戦でシーズン全休の怪我を負いイースト首位争いを繰り広げていたシーズン終盤にアービングが膝の痛みで残りのシーズン欠場を余儀なくされるなど主力選手達が怪我に苦しんだ1年となりましたが、2人を欠いて迎えたプレーオフ、ルーキーのテイタム、2年目のブラウンら若手選手が奮闘。
ブラッド・スティーブンスのもと、カンファレンス・ファイナルに進出するなど今後に大きな期待が持てるシーズンとなりました。

殿堂入り

レッド・アワーバック
ウォルター・ブラウン
ウェイン・エンブリー

永久欠番

00 ロバート・パリッシュ
1 ウォルター・ブラウン
2 レッド・アワーバック
3 デニス・ジョンソン
6 ビル・ラッセル
10 ジョ・ジョ・ホワイト
14 ボブ・クージー
15 トム・ヘインソーン
16 サッチ・サンダース
17 ジョン・ハブリチェック
18 デーブ・コーウェンス
19 ドン・ネルソン
21 ビル・シャーマン
22 エド・マコーレー
23 フランク・ラムジー
24 サム・ジョーンズ
25 K・C・ジョーンズ
31 セドリック・マックスウェル
32 ケビン・マクヘイル
33 ラリー・バード
34 ポール・ピアース
35 レジー・ルイス

ホームでの試合
スケジュール